ADMIN TITLE LIST


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



VAIO(2012春モデル)が発売しましたね


このVAIO(バイオ)は、2005年9月発売のVAIO type A(VGN-A74S)
発売から丸5年とちょっと。

パソコンとしては、もう古い部類。

VAIO

とはいえ、当時最強のVAIOノートだったので、今でも用途によっては十分過ぎるスペック。
購入当初はHDV編集にも使っていたが、プロキシファイルを生成しないとHDVの編集は少々厳しい。

最近ではAdobe IllustratorでBlu-ray Discの自作パッケージなどを作っている。

こういった作業では、結構細かい部分まで見えると作業がラクなので、フルHDの液晶は大変良い。

しかし!

結構目がきつい。17インチ液晶なので、ノートパソコンとしては最大級ではあるが、それでもやっぱり目がショボショボする。

というわけで、大画面で画像編集した方が目がラクだから、BRAVIAにつなげてみる。

このバイオtype A専用のAVパワーアップステーションには、DVI-D出力がある。

VAIO

5年前のノートパソコンとしては、大したもんだと思う。

さて。

このままではBRAVIAにつながらないので、DVI-D/HDMI変換プラグを使う。

VAIO

ポコッ。

これでHDMIケーブルがつながる。

VAIO

サクッ。

つながった。

で、Fnキーで出力先を切り替える。

VAIO

じゃーん、出た。

同じフルHD解像度とはいえ、52インチで見ると、かなり見やすい。あたりまえだけど。

ちなみに、上記の例では画面のプロパティで、デュアルディスプレイの設定にし、BRAVIAを上、ノート本体の液晶を下になるように配置した。

これによって、上画面(BRAVIA)でイラストレーターのメイン画面を映して編集し、こまごましたツール類は、下画面に当たるバイオノート本体の液晶に配置。

ゼイタクな感じで作業を進められる。

最近のバイオノートにはHDMI出力が付いているので、今回のバイオのようにAVパワーアップステーションやら変換アダプタを使わなくても、手軽にBRAVIAにノートの画面を映すことが可能。

ノートPC+大画面液晶テレビの快適さを、あなたもいかが?

VAIO

VAIO お買い得情報 → VAIO


スポンサーサイト

テーマ:VAIO - ジャンル:コンピュータ






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 VAIO, All rights reserved.







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。